FC2ブログ

山猫文学会blog

早稲田大学公認サークル、『山猫文学会』の公式ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

読書会概要説明

今回は、読書会についてご説明します!
読書会は、部員が自分のお気に入りの本を他の部員に紹介するイベントです。
アカデミックなものからサブカルまで幅広い範囲に対応した紹介のされかたがなされるため、自分に合うジャンルや自分にとって新しいジャンルに出会えるはずです。

是非ともお越し下さい。
スポンサーサイト

PageTop

4月15日読書会&アフターについて

授業も開始しました!新入生の皆さんは慣れないことばかりでドキドキかもしれないですね。
4月15日(土)の「読書会」と「アフター(飲み会)」のお知らせです。

第二回目の新歓読書会です。

山猫文学会の読書会は、一つの作品やテーマについて発表者がプレゼンをし、それについて皆で話し合ったり考えを深めたりするイベントです。いつもは隔週土曜日に行っていますが、新歓期間中は毎週土曜日に開催しています。

毎回課題作品などが提示されていますが、必ず読んで来なくてはいけないというわけではありません。また、必ず発言をしなくてはいけないというわけでもありませんので、是非お気軽に参加していただければと思います。


読書会の集合は【16:20に学生会館2階アトリウムのピアノ前】です。

※学生会館は戸山キャンパスにあります。場所が分からない方はその旨返信していただければ対応いたしますので大丈夫です!


以下、読書会の概要です。

ーーーー

タイトル:「『犬神家の一族』の遺言は有効か、法学的に読む」

課題図書:横溝正史『犬神家の一族』

発表者:2年 矢野栞


皆さんはミステリを読んでいて「こんなこと実際にはありえないだろ!」という気持ちになったことはないでしょうか?ミステリは、緻密なストーリー展開ゆえに、一種のご都合展開が待ち受けていることもあります。今回は、そんな「ご都合主義」に目を止めてみたいと思います。

『犬神家の一族』は非常に有名なミステリです。しかしながら、この小説の中にもすさまじいまでの「ご都合主義的展開」が存在しているのです。法学的に見たとき、果たしてあの惨劇は起こる必要があったのか。真にあの惨劇を巻き起こしたのは誰なのか。物語のカギを握る「遺言」を吟味しながら考えてみましょう。

時代考証は文庫版を使用しますが、映画を見ての参加でも大丈夫ですし、全く情報がなくとも大丈夫なように説明しつつ会を進める予定です。

「法学」という耳なじみの少ない学問に触れますが、全く何も知らなくても大丈夫です!わかりやすく説明しますのでご安心ください!

参加お待ちしております!

ーーーーー

また、読書会の後には「アフター(飲み会)」もあります。早稲田にあるカフェフェニックスというお店で、上級生たちと話をしながらご飯を食べるというイベントです。

上級生と親睦を深めるだけでなく、入部を考えている同級生との輪も広がると思います。山猫の雰囲気を感じることができる楽しいイベントですので、是非一度お越しになることをおすすめいたします!(アフター代は一人500円ほど戴いております。また、飲酒の強要などは一切ありませんのでご安心ください!)

アフターから参加する方の集合は【上記のアトリウムに18:00】です。


参加希望・質問のある方は
yamaneko2009@gmail.comまでお問い合わせください!

読書会は飛び入り参加も歓迎ですが、アフターに関しましてはお店の都合上、参加締切を【4月13日21:00まで】とさせていただきます。よろしくお願いいたします。
PageTop

4月8日新歓読書会&アフターについて

新歓ブースに来てくださった皆さん、本当にありがとうございました!
新歓係の矢野です。
本日は4月8日(土)の「読書会」と「アフター(飲み会)」のお知らせです。


山猫文学会の読書会は、一つの作品やテーマについて発表者がプレゼンをし、それについて皆で話し合ったり考えを深めたりするイベントです。いつもは隔週土曜日に行っていますが、新歓期間中は毎週土曜日に開催しています。


毎回課題作品などが提示されていますが、必ず読んで来なくてはいけないというわけではありません。また、必ず発言をしなくてはいけないというわけでもありませんので、是非お気軽に参加していただければと思います。


読書会の集合は【16:20に学生会館2階アトリウムのピアノ前】です。




以下、読書会の概要です。

ーーーー


タイトル:夏目漱石『吾輩は猫である』を読む

課題図書:夏目漱石『吾輩は猫である』

発表者:3年 青池智熙


2017年は夏目漱石の生誕150周年にあたります。また2016年は同じく没後100周年という節目の年でした。

岩波書店から新たに漱石全集が上梓されつつあることも併せて、今漱石がアツい! と言えるでしょう。ということで漱石のデビュー作『吾輩は猫である』を読みます。


今回の読書会では、作中の大半を占める滑稽な会話は(煙に巻かれるばかりなので)ひとまず措き、語り手が猫であることで生じる現象に注目しつつ、細部にこだわってじっくり読み解いてみたいと思います。


文庫本で500ページをゆうに越えるため、決して手軽に読めるとはいえないのですが、面白いので是非読んでみて下さい。

もちろん事前に読んで来られなかった方にもわかるように説明しますのでご安心下さい!


ーーーーー



また、読書会の後には「アフター(飲み会)」もあります。高田馬場にある海峡というお店で、上級生たちと話をしながらご飯を食べるというイベントです。


上級生と親睦を深めるだけでなく、入部を考えている同級生との輪も広がると思います。山猫の雰囲気を感じることができる楽しいイベントですので、是非一度お越しになることをおすすめいたします!(アフター代は一人500円ほど戴いております。また、飲酒の強要などは一切ありませんのでご安心ください!)


アフターから参加する方の集合は【上記のアトリウムに18:00】です。



参加希望・質問のある方はyamaneko2009@gmail.comにお問い合わせください!

読書会は飛び入り参加も歓迎ですが、アフターに関しましてはお店の都合上、参加締切を【4月6日21:00まで】とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

PageTop

4月30日読書会のお知らせ

こんばんは! 度々の更新で申し訳ありません。山猫文学会新歓係の近藤です。
先日の読書会にお越しくださった皆さん、ありがとうございました!
パプリカ可愛かったですね(小並感)

この記事は4月30日の「読書会」と「アフター(飲み会)」のお知らせです。

山猫文学会の読書会は、一つの作品やテーマについて発表者がプレゼンをし、それについて皆で話し合ったり考えを深めたりするイベントです。いつもは隔週土曜日に行っていますが、新歓期間中は毎週土曜日に開催しています。
毎回課題作品などが提示されていますが、必ず読んで来なくてはいけないというわけではありません。また、必ず発言をしなくてはいけないというわけでもありませんので、是非お気軽に参加していただければと思います。

読書会の集合は【16:15に学生会館2階アトリウムのピアノ前】です。
※学生会館は戸山キャンパスにあります。場所が分からない方はその旨返信していただければ対応いたしますので大丈夫です!

以下、今回の読書会の概要です。



大江健三郎の中期長編を読む
参考図書:『同時代ゲーム』もしくは『M/Tと森のフシギの物語』

大江健三郎、と言った時、皆さんが思い浮かべるイメージは一体どのようなものでしょうか。日本で二番目のノーベル文学賞作家? 『死者の奢り・飼育』の作者? もしくは全く知らない人もいるでしょう。ですが、真っ先に『同時代ゲーム』を思い浮かべる人はあまりいないはずです。

小林秀雄が「2ページで読むのをやめた」という一方、筒井康隆は「失敗作であることさえ度外視すれば傑作」と評価した賛否両論の奇書、『同時代ゲーム』。「飼育」などの初期短編や『万延元年のフットボール』に比べると言及されることの少ないこの小説は、しかし『創世記』や『古事記』にも比せられる神話として大江健三郎の中期作品群の軸となっています。

今回の読書会では『同時代ゲーム』ととの書き換えである『M/Tと森のフシギの物語』を中心に、山口昌男の「中心と周縁」の思想、フォルマリズムの「異化」の手法などを交えながら大江健三郎の中期長編を多角的に読み解いていきます。内容は若干重たくなりますが、極力噛み砕いて説明するので少しでも興味を持った方は是非参加してみてください。


また、読書会の後には「アフター(飲み会)」もあります。早稲田にあるULTRA CAFEというお店で、上級生たちと話をしながらご飯を食べるというイベントです。上級生と親睦を深めるだけでなく、入部を考えている同級生との輪も広がると思います。山猫の雰囲気を感じることができる楽しいイベントですので、是非一度お越しになることをおすすめいたします!(アフター代は一人1000円ほど戴いております。また、飲酒の強要などは一切ありませんのでご安心ください!)

アフターから参加する方の集合は【上記のアトリウムに18:00】です。

参加希望・質問のある方はメール(yamaneko2009@gmail.com)もしくはTwitter(yamaneko_E526)のダイレクトメッセージに氏名を添えてご連絡をお願いします。
読書会は飛び入り参加も歓迎ですが、アフターに関しましてはお店の都合上、締切を【4月28日まで】とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

2016年度新歓期の読書会は今回が最後となります。たくさんの方のご参加をお待ちしています(^^)/

新歓係 二年 近藤

PageTop

5月7日新歓食事会のお知らせ

こんばんは。山猫文学会 新歓係 田中です。
先ほどの入会手続きにかんしてのお知らせに続き、度々申し訳ございません。

5月7日土曜日は「新入生歓迎食事会」のイベントがあります。

※「読書会」は開催されませんのでご注意ください。

食事会の場所は高田馬場駅前にある金の蔵です。
集合は、【学生会館二階アトリウムに18:00】です。

参加なさりたい方・疑問点をお持ちの方は、「学年・氏名」を添えてメール(yamaneko2009@gmail.com)もしくはTwitter(yamaneko_E526)のダイレクトメッセージ【4/29(金)】までにご連絡ください。お店の都合上、大変締切が早くなっております。ご留意下さい。

では、お待ちしております。
よろしくお願い致します。

新歓係 二年 田中

PageTop

サークル入会手続きについて

こんにちは。山猫文学会新歓係の田中です。
本日は入会手続きについてお知らせがあります。入会を検討されている方は最後まで確認していただければ幸いです!

当会では毎年、入会日を設けてその日にまとめて入会手続きを行っています。
今年の入会日は【5/7(土)5限と5/14(土)の5・6限】となっています。
両日とも新歓イベント(7日の新歓イベントについてはメールで後ほどお知らせさせていただきます)の日程と重なっておりますが、イベントには参加せず入会手続きだけを済ませることも可能です。
入会手続きは山猫文学会の部室(早稲田大学戸山キャンパス学生会館E526)にて行います。また新歓イベントに参加なさる場合は、その会場で入会手続きを受け付けます。

入会日に来られない方は別途に対応いたしますので、メール(yamaneko2009@gmail.com)もしくはTwitter(yamaneko_E526)のダイレクトメッセージまでご連絡をよろしくお願いします!

続いて入会手続きの手順についてです。入会希望の方からは【学年、学部、学籍番号、名前】を伺って入会金として1000円を徴収させていただきます。

まとめておきます。
入会日 5/7(土) の5限、および、5/16(土)の5限と6限
場所 山猫文学会部室と新歓合評会の会場
入会金 1000円

何かご不明な点がございましたら、上記のアドレスもしくはダイレクトメッセージにご連絡をお願いします。

二年新歓係 田中

PageTop

5月14日新歓合評会のお知らせ(文章執筆)

本日二回目の更新です! 山猫文学会です。

さて、前回の記事でも書きましたが、こちらは「新歓合評会」のお知らせとなります。

「合評会」とは参加者がそれぞれ執筆した作品を持ち寄り、みんなで読み、意見を交換するというイベントです。例年小説を書く人が多いですが、戯曲、批評、詩等での参加も大歓迎です! 私たちサークル員が心を込めて読みます。難しくも怖くもありません。自分の書いた作品を誰かに読んでもらうという体験を、一度味わってみませんか?

また、見学のみのご参加も受け付けております。同年代の人の作品を読んでみたい、感想を語り合いたいという方もぜひお気軽にご参加ください!


今後の日程としましては、

4月27日(水)
参加表明しめきり

5月6日(金)
原稿提出しめきり

5月14日(土)5.6限
新歓合評会

となります。

注意事項としては、400字詰原稿用紙換算で30枚以内(12000字)、という字数制限を守っていただけると幸いです。
原稿提出の方法については、参加表明しめきり後に改めてメールを送らせていただきます。

さしあたり、新歓合評会で執筆希望の方は【4月27日まで】メール(yamaneko2009@gmail.com)もしくはTwitter(yamaneko_E526)のダイレクトメッセージまで、氏名を添えてご連絡ください。たくさんの方のご参加をお待ちしています!

また、見学希望の方、質問などがある方も上記のアドレスまたはTwitterアカウントまでご連絡ください(^^)/

PageTop

4月23日読書会のお知らせ

こんにちは! 山猫文学会です。
先日の読書会にお越しくださった皆さん、ありがとうございました!
「ミュウツーの逆襲」、切なかったですね……。「人はなぜ争うのか」ということについて色々と考えさせられる読書会でした。
あと私は個人的にニャースが好きです。平和主義。

さて、本日は4月23日の「読書会」と「アフター(飲み会)」のお知らせです。

山猫文学会の読書会は、一つの作品やテーマについて発表者がプレゼンをし、それについて皆で話し合ったり考えを深めたりするイベントです。いつもは隔週土曜日に行っていますが、新歓期間中は毎週土曜日に開催しています。
毎回課題作品などが提示されていますが、必ず読んで来なくてはいけないというわけではありません。また、必ず発言をしなくてはいけないというわけでもありませんので、是非お気軽に参加していただければと思います。

読書会の集合は【16:15に学生会館2階アトリウムのピアノ前】です。
※学生会館は戸山キャンパスにあります。場所が分からない方はその旨返信していただければ対応いたしますので大丈夫です!

以下、今回の読書会の概要です。



人形という視点から見る「パプリカ」
課題映画:今敏監督「パプリカ」(筒井版を読む必要はなし)

夢、というものはときに楽しくときに恐ろしく、いつだって荒唐無稽なものです。もし、そんな夢と我々が生きている現実との区別がつかなくなってしまったら? 夢の世界が現実を侵食し始めたら? ……映画「パプリカ」はその混沌をそのままに、かつ喜劇的に描出した作品です。

筒井康隆の小説を下敷きにし、早世した鬼才・今敏の最後のアニメーション映画として完成された本作は、分かりやすいとはいえない作品ですがそのぶんいろいろな切り口からの解析にたえます。この読書会では、演出で多用されている「人形」というモチーフから「パプリカ」を読み解き、その作品分析だけでなく、「人形」というメディアがどういう意味を持っているのかということまで、できるだけ明快な形で言及したいと考えています。

「パプリカ」を観たことがある方はもちろん、作品分析が好きな方、「アニメ」という言葉に反応してしまう方、人形がないと生きていけない方、最近夢見が悪い方も、どなたでもぜひお気軽にお越しくださいませ(*^_^*)

☆当日プロジェクターが動けば(!)映画本編を抜粋して流す予定ですが、観てから来ていただくとより楽しめるかと思います。
☆読書会では映画版「パプリカ」のみを扱いますので、筒井康隆の原作小説を事前に読む必要はありません。



また、読書会の後には「アフター(飲み会)」もあります。早稲田にあるWhistle CAFEというお店で、上級生たちと話をしながらご飯を食べるというイベントです。上級生と親睦を深めるだけでなく、入部を考えている同級生との輪も広がると思います。山猫の雰囲気を感じることができる楽しいイベントですので、是非一度お越しになることをおすすめいたします!(アフター代は一人1000円ほど戴いております。また、今回のアフターはソフトドリンク飲み放題のコースとなっておりますが、他の日程でも飲酒の強要などは一切ありませんのでご安心ください!)

アフターから参加する方の集合は【上記のアトリウムに18:00】です。

参加希望・質問のある方はメール(yamaneko2009@gmail.com)もしくはTwitter(yamaneko_E526)のダイレクトメッセージに氏名を添えてご連絡をお願いします。
読書会は飛び入り参加も歓迎ですが、アフターに関しましてはお店の都合上、締切を【4月21日まで】とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


また、次の記事で「新歓合評会」の告知もさせていただきますので、創作に興味がある方はそちらもぜひチェックしてみてくださいね!

PageTop

4月16日読書会のお知らせ

こんにちは! 山猫文学会です。
昨日の読書会に参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
新入生の方も積極的に議論に参加してくださり、とても充実した時間を過ごすことができました(*^^*)

さて、本日は4月16日の「読書会」と「アフター」のお知らせです。

山猫文学会の読書会は、一つの作品やテーマについて発表者がプレゼンをし、それについて皆で話し合ったり考えを深めたりするイベントです。いつもは隔週土曜日に行っていますが、新歓期間中は毎週土曜日に開催しています。
毎回課題作品などが提示されていますが、必ず読んで来なくてはいけないというわけではありません。また、必ず発言をしなくてはいけないというわけでもありませんので、是非お気軽に参加していただければと思います。

読書会の集合は【16:15に学生会館2階アトリウムのピアノ前】です。
※学生会館は戸山キャンパスにあります。場所が分からない方はその旨返信していただければ対応いたしますので大丈夫です!

以下、今回の読書会の概要です。ポケモンが好きな方は必見です!



ポケモン表象文化論~作品に視る自我境界の危機~
課題映画:「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」

この読書会では、映画「ミュウツーの逆襲」をテーマに、自我境界の脆さや自己とは何か、また脆さが内包する社会的な危機について考えてみたいと思います。映画を下敷きにしながら、浅い知識で恐縮しつつも心理学や哲学にも少し触れる予定です。
自己をめぐる問題には明確な答えは出ませんが(あるいは沢山の答えが先人たちによって導かれていますが)、それについて考えること自体に意味があると思うのです。きっとライトで分かりやすい読書会になる予定ですので、宜しくお願いします。
☆当日プロジェクターが動けば(!)映画本編を抜粋して流す予定ですが、観てから来ていただくとより楽しめるかと思います。




また、読書会の後には「アフター(飲み会)」もあります。高田馬場にあるわっしょいというお店で、上級生たちと話をしながらご飯を食べるというイベントです。上級生と親睦を深めるだけでなく、入部を考えている同級生との輪も広がると思います。山猫の雰囲気を感じることができる楽しいイベントですので、是非一度お越しになることをおすすめいたします!(アフター代は一人1000円ほど戴いております。また、飲酒の強要などは一切ありませんのでご安心ください!)

アフターから参加する方の集合は【上記のアトリウムに18:00】です。

参加希望・質問のある方はメール(yamaneko2009@gmail.com)もしくはTwitter(yamaneko_E526)のダイレクトメッセージに氏名を添えてご連絡をお願いします。
読書会は飛び入り参加も歓迎ですが、アフターに関しましてはお店の都合上、締切を【4月14日まで】とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

PageTop

4月9日読書会のお知らせ

こんばんは! 山猫文学会です。
新歓ブースに来てくださった方、本当にありがとうございました!
来れなかったという方も、これから始まる新歓イベントや部室(学生会館E526)にぜひ遊びに来てくださいね(^O^)

さて本日は4月9日の「読書会」と「アフター(飲み会)」のお知らせです。

山猫文学会の読書会は、一つの作品やテーマについて発表者がプレゼンをし、それについて皆で話し合ったり考えを深めたりするイベントです。いつもは隔週土曜日に行っていますが、新歓期間中は毎週土曜日に開催しています。
毎回課題作品などが提示されていますが、必ず読んで来なくてはいけないというわけではありません。また、必ず発言をしなくてはいけないというわけでもありませんので、是非お気軽に参加していただければと思います。

読書会の集合は【16:15に学生会館2階アトリウムのピアノ前】です。
※学生会館は戸山キャンパスにあります。場所が分からない方はその旨返信していただければ対応いたしますので大丈夫です!


以下、今回の読書会の概要です。



『死んでいない者』~小説が流れ込む場所~
課題図書:滝口悠生『死んでいない者』

皆さんは2015年下半期の芥川賞受賞作をご存知でしょうか。日本中に旋風を巻き起こした「又吉フィーバー」の陰に隠れ、奇しくもそのことが作品そのものの性質を表すこととなってしまった奇跡的な作品『死んでいない者』。ある老人の通夜に集まった親族たちの間で立ち上がる時間を流れるような文体で描いたこの作品は、小説家・滝口悠生の最高傑作と言えるでしょう。

今回の読書会では、主にこの小説における特徴的な「語り」の問題を分析していきます。
その際、「移人称」(渡部直己)、また作者本人が提唱した「忍人称」といった概念を使用し、少しだけフランスの現代思想にも触れていきますが、その都度分かりやすい解説を加えますので、お気軽に参加していただければと思います。

課題図書は144ページと短く、且つとても面白い作品なので興味のある方はぜひ読んでみてください!
また、事前に読んで来れなかった方にも分かるように説明しますのでご安心ください(*^-^*)




また、読書会の後には「アフター(飲み会)」もあります。高田馬場にあるブーメランというお店で、上級生たちと話をしながらご飯を食べるというイベントです。上級生と親睦を深めるだけでなく、入部を考えている同級生との輪も広がると思います。山猫の雰囲気を感じることができる楽しいイベントですので、是非一度お越しになることをおすすめいたします!(アフター代は一人1000円ほど戴いております。また、飲酒の強要などは一切ありませんのでご安心ください!)

アフターから参加する方の集合は【上記のアトリウムに18:00】です。

※マイルストーン編集会さんの新歓MiXでは18:30となっていますが、正しくは【18:00】です。こちらの不手際で申し訳ございません。

参加希望・質問のある方はメール(yamaneko2009@gmail.com)もしくはTwitter(yamaneko_E526)のダイレクトメッセージに氏名を添えてご連絡をお願いします。
読書会は飛び入り参加も歓迎ですが、アフターに関しましてはお店の都合上、返信締切を【4月7日まで】とさせていただきます。よろしくお願いいたします。
PageTop